訪問相談について

訪問相談の対象となる方

ひきこもりサポートネット(以下、サポートネット)の訪問相談の対象となる方
(以下の①~③の全てを満たすご家庭が対象です。)

① ひきこもりのご本人が中学校卒業後の15歳以上概ね34歳未満

② ひきこもりのご本人が都内在住

③ 6か月以上、ひきこもりの状態が続いている。

訪問相談に当たっての留意点

  1. ひきこもりの状態にある方の家庭等を訪問し、ご相談の内容に応じて必要な支援内容を検討し、関係機関をご提案・ご紹介させていただきます。
    ご提案する関係機関の例につきましては、以下「訪問相談の流れ」をご覧ください。(関係機関によっては、有料の場合もございます。)
  2. 訪問相談は、お1人5回までです。 
  3. 相談内容によっては、訪問をしかねる場合もございますので、ご了承ください。
  4. 現在、医療機関や保健センター、NPO法人等の支援機関と相談関係にある場合には、サポートネットの訪問は遠慮させていただきますので、ご了承ください。
  5. 訪問相談のために収集する情報は、相談者ご本人の意思による情報の提供を原則とします。
  6. 訪問相談で得られた相談内容等については、東京都における今後の施策の参考とするため、専門家に依頼して相談内容を分析し、資料として作成します。また、学術的調査・研究活動等のデータとして専門家に提供することもあります。その際、専門家は個人情報について、ひきこもりサポートネットで定めた「プライバシーポリシー」に従うものとします。詳細は、「プライバシーポリシー」に関するページ(https://hikikomori-tokyo.jp/policy.php)をご覧ください。

訪問相談のお申込み

お住まいの「各区市町村の窓口の連絡先」までお問合せください。

  1. サポートネットの電話相談・メール相談とは対応する相談員が異なりますので、従来の電話番号やホームページからのお申込みはお受けできません。

訪問相談の流れ

1 お住まいの区市町村の窓口へ申込み

  1. 相談に見えた方(以下、相談者)には、お名前や連絡先、訪問相談の対象に該当するか等の基本的な情報をお伺いいたします。
  2. 区市町村窓口からサポートネットに情報を引き継ぎますので、相談者には個人情報の提供に関する同意をいただきます。

手順

2 サポートネットの相談員から、相談者へご連絡を差し上げます(電話)

  1. ひきこもりのご本人やご家族の状況等について、具体的なお話をおうかがいいたします。
  2. 今後の家庭訪問等に向けた日程調整をさせていただきます。
  3. ひきこもりご本人には、サポートネットが訪問することを事前にお知らせください。ご本人の反応について、後日、相談者の方に確認させていただきます。

手順

3 サポートネットの相談員と相談者の事前打ち合わせ(対面)

  1. 必要に応じて、家庭訪問を開始する前に事前打ち合わせを行うこともあります。打ち合わせの場所については、相談者の居住地を考慮した上で指定させていただきます。

手順

4 家庭訪問の実施

  1. サポートネットの相談員が2名体制で訪問します。
  2. 家庭訪問の際には、ご家族(相談者等)のご在宅をお願いいたします。

手順

5 今後の支援について、関係機関等のご紹介

  1. ご紹介する関係機関の例はこちら

手順

6 関係機関等への引継ぎ

  1. 関係機関と一緒に家庭訪問をさせていただく場合等もございます。

 

△このページ上部へもどる