家族セミナー・個別相談会【参加無料】

家族セミナー・個別相談会チラシチラシPDF(PDF:1.3MB)

  • 第1回(八王子会場)

    2021年5月30日(日)
    13:00-15:00(開場12:30)

    「ひきこもりの状態にある方への訪問相談」~第三者の支援を活用するとき~

    ※個別相談の申込受付は終了しました。

    >>詳細はこちら

  • 第2回(足立会場)

    2021年6月5日(土)
    13:00-15:00(開場12:30)

    「ひきこもりの家族構造と社会的自立に必要なこと」 ~状況の見立てポイントと自立・訪問支援の必要性~

    >>詳細はこちら

  • 第3回(八王子会場)

    2021年7月18日(日)
    13:00-15:00(開場12:30)

    「ひきこもりの家族構造と社会的自立に必要なこと」~状況の見立てポイントと自立・訪問支援の必要性(第2回 と同一内容です)

    ※満席になりました。

    >>詳細はこちら

  • 第4回(足立会場)

    2021年8月21日(土)
    13:00-15:00(開場12:30)

    「ひきこもりの状態に ある方へ の訪問相談」~第三者の支援を活用するとき~(第1回と同一内容です)

    >>詳細はこちら

  • 第5回(八王子会場)

    2021年8月29日(日)
    13:00-15:00(開場12:30)

    「生きづらさの先にあるもの」~障害者雇用という選択~

    >>詳細はこちら

  • 第6回(八王子会場)

    2021年9月12日(日)
    13:00-15:00(開場12:30)

    「家族からみたひきこもり・支援者からみたひきこもり」~元ひきこもりから脱した若者の声~

    >>詳細はこちら

家族セミナー・個別相談会【参加無料】詳細

家族セミナー・個別相談会チラシチラシPDF(PDF:1.3MB)

第6回 9月12日(日)[八王子会場] 13:00-15:00(開場12:30)

「家族からみたひきこもり・支援者からみたひきこもり」
~元ひきこもりから脱した若者の声~

準備中

第5回 8月29日(日)[八王子会場] 13:00-15:00(開場12:30)

生きづらさの先にあるもの
~障害者雇用という選択~

引きこもりの当事者の方で精神科、心療内科に通院されている人は非常に多いと思います。障害者手帳をお持ちの方は「障害者雇用」という選択肢があります。障害を開示して、配慮を得ながら働く。それが障害者雇用です。障害者雇用について、メリット、デメリット、支援機関、給与体型など、ざっくばらんにお伝えしようと思います。

講師:障害者就業・生活支援センターけるん

第4回 8月21日(日)[足立会場] 13:00-15:00(開場12:30)

「ひきこもりの状態に ある方へ の訪問相談 」
~第三者の支援を活用するとき~ (第1回と同一内容です)

ニート・ひきこもりから抜け出すには、ご家族の力だけでは難しい場合が多くあります。訪問相談とはなにか、どのようなときに活用したらよいのか。ひきこもりサポートネットの訪問相談を例に説明します。ひきこもり状態にある方の心理、ご家族の心理を解説しながら、第三者が関わっていく"訪問相談の実際"をお話します。

講師:東京都ひきこもりサポートネット

第3回 7月18日(日)[八王子会場] 13:00-15:00(開場12:30)

「ひきこもりの家族構造と社会的自立に必要なこと」
~状況の見立てポイントと自立・訪問支援の必要性~ (第2回 と同一内容です)

※満席になりました。

長期化の原因、ひきこもり状況の見立て、訪問支援の必要性、自立・就労支援の効果等をテーマとし、ひきこもり状態にある方を抱えるご家族について、どのように理解し関わればよいのか、どのような支援方法があるのかをご説明いたします。

講師写真

講師:河野 久忠氏

青少年自立援助センター 理事長

1995年中央大学経済学部経済学科卒業。1993年より東京都福生市にあるタメ塾(現:青少年自立援助センター)にて、ひきこもり支援を開始。保護者相談・訪問相談・宿泊型自立支援事業に従事。地域若者サポートステーション・東京都ひきこもりサポートネット・生活困窮自立支援等公的な事業に多数携わる。国や地方自治体の協議会等に委員として参画。厚労省地域若者サポートステーションワーキンググループ(就職氷河期対策)委員。東京都不登校・中途退学者対策検討委員会委員、東京都生涯学習審議会委員、東京都子供・若者支援協議会委員、東京都青少年問題協議会委員等。 著書『わが子のひきこもり待つだけでいいのでしょうか?』(青少年自立援助センター、2017年)

第2回 6月5日(土)[足立会場] 13:00-15:00(開場12:30)

「ひきこもりの家族構造と社会的自立に必要なこと」
~状況の見立てポイントと自立・訪問支援の必要性~

長期化の原因、ひきこもり状況の見立て、訪問支援の必要性、自立・就労支援の効果等をテーマとし、ひきこもり状態にある方を抱えるご家族について、どのように理解し関わればよいのか、どのような支援方法があるのかをご説明いたします。

講師写真

講師:河野 久忠氏

青少年自立援助センター 理事長

1995年中央大学経済学部経済学科卒業。1993年より東京都福生市にあるタメ塾(現:青少年自立援助センター)にて、ひきこもり支援を開始。保護者相談・訪問相談・宿泊型自立支援事業に従事。地域若者サポートステーション・東京都ひきこもりサポートネット・生活困窮自立支援等公的な事業に多数携わる。国や地方自治体の協議会等に委員として参画。厚労省地域若者サポートステーションワーキンググループ(就職氷河期対策)委員。東京都不登校・中途退学者対策検討委員会委員、東京都生涯学習審議会委員、東京都子供・若者支援協議会委員、東京都青少年問題協議会委員等。 著書『わが子のひきこもり待つだけでいいのでしょうか?』(青少年自立援助センター、2017年)

第1回 5月30日(日)[八王子会場] 13:00-15:00(開場12:30)

ひきこもりの状態にある方への訪問相談
~第三者の支援を活用するとき~

※個別相談の申込受付は終了しました

ニート・ひきこもりから抜け出すには、ご家族の力だけでは難しい場合が多くあります。 訪問相談とはなにか、どのようなときに活用したらよいのか。ひきこもりサポートネットの訪問相談を例に説明します。 ひきこもり状態にある方の心理、ご家族の心理を解説しながら、第三者が関わっていく"訪問相談の実際"をお話します。

講師:東京都ひきこもりサポートネット

家族セミナー・個別相談会チラシチラシPDF(PDF:1.3MB)

ひきこもりサポートネット
リーフレット(PDF)

東京都ひきこもりサポートネットと東京都若者社会参加応援事業のリーフレットです。[令和3年度版]